2月のちゅーりっぷ組の様子(園庭遊び)

2月19日、園庭の一角にタライに砂を入れた砂場を作り、砂遊びを楽しみました。


コロナの影響で公園の砂場の利用を避けていたためか、シャベルの扱いを少し難しそうにしていましたが、コツをつかむと、どんどん小さいバケツに砂を移動して楽しんでいました。


たくさん入れた砂を持ちあげて、ざざーっと砂が落ちていく様子を観察する子も。


保育士が作った砂のケーキをシャベルでザクザク。食べているのか壊しているのか、、、。

子どもって、壊すのが好きですよね。壊してもまた作ってもらえるという安心感や、また、自分で作ってみるぞ!という意欲もあって、行っているのでしょうか?

自分の力で形あるものが変化していく様子も、子どもにとっては、興味深いのでしょう。


砂場でひと遊びした後は、ボールでも遊びました。