新型コロナウイルス感染拡大防止対策

保育園での新型コロナウイルス感染拡大防止対策について紹介します。


玄関でアルコール消毒

園内に入る前には必ず手指消毒をしてもらっています。


玄関の中には、一家庭のみ。

保護者の方は、シールドのカーテンまでになります。

保育士はフェイスシールドを着けながら、保護者からの伝言を受けます。

子どもの検温も保育士が。熱が高い場合は、この時点で登園はひかえていただいています。


また、来客者には、玄関で検温してもらい、来客者用のフェイスシールドを着けてもらっています。保育士もフェイススシールドを着けての対応になります。



今は子どもたちが大人数交わらないように、クラス別の保育にしています。

クラスの間は、他クラスに飛沫が飛ばないように対策も。


≪食事風景≫